• 協議会について
  • 日本カード情報セキュリティ協議会
  • 概要・ごあいさつ
  • 登録企業一覧
  • 会則
  • 入会案内
  • カード業界を取り巻く環境とセキュリティーの重要性
  • PCI DSS
  • グローバルセキュリティ基準PCI DSSとは
  • 概要
  • 認定取得のメリット
  • 認定取得について
  • 認定審査機関について
  • 導入が必要な企業
  • 企業一覧
  • PCI DSS準拠への参考資料集
  • 非保持化への参考資料
  • 非保持・PCI DSS対応の加盟店事例紹介
  • 会員専用
  • サイトスポンサー
  • お問合せ
  • pcidss

非保持化・PCI DSS準拠支援セミナー2018.9.28開催


2018.9.28(金) TKP神田ビジネスセンターにて


開催要項

日時 2018年9月28日(金)
9時30分〜16時40分 (受付開始9時10分)
会場 TKP神田ビジネスセンター 4F会議室 (定員204席)
千代田区神田美土代町3-2 神田アベビル
( JR神田駅 北口歩5分, 地下鉄新お茶の水駅・小川町駅・淡路町駅B6出口歩3分)
アクセス
主催 日本カード情報セキュリティ協議会 (JCDSC) ベンダー部会

実行計画による、通販加盟店・PSP・カード会社の準拠達成期限であった今年の3月末から半年が経過します。実際のところ加盟店の達成状況はどうなのか、いまだに非保持化ができていない通販加盟店に対して、PSPによっては今年の12月以降は決済取引をお受けしないとの通告をしたところも出てきています。対面加盟店の最終準拠期限まで1年半に迫る中、最新動向を(一社)日本クレジット協会様から基調講演でお話しいただき、非保持化やPCI DSS準拠を支援するソリューション企業10社が講演します。

参加要項

参加費 無料
参加対象 ご参加はカード情報取扱い企業を優先させていただきます。それ以外からのお申込みは、恐縮ながらいったん保留とさせていただき、9/14(金)以降に余席の範囲で受講票をお送りします。どうぞご協力ください。
※1社2名様までの受付とさせていただきます。
参加申込み
・お問合せ
受付を終了させていただきました。ご了承ください。

講演概要

※ タイトルや内容は適宜更新します

9:10 受付開始

9:30 オープニング

9:40〜10:20

基調講演「(仮題)実行計画の進捗と各業界の課題」

通販加盟店の達成期限から半年経過し、準拠状況や課題点などを解説いただきます。また改正割賦販売法により、加盟店契約を締結するカード会社やPSPの登録制度もスタートしました。加盟店にはどのような影響が考えられるか、解説いただきます。

講師:(一社)日本クレジット協会

セキュリティ対策推進センター長  飯田 和徳様

【以下、各社30分の講演。@〜CはPCI DSS準拠支援、D〜Iは非保持化支援。各社の内容は更新されることがあります】

10:20 講演@

安全なICT作業環境で情報漏洩を徹底的に防ぐ「Shield Share」

「Shield Share」は、カード情報など機密情報の情報漏洩を徹底的にガードする、弊社特許技術で作られたエンドポイントセキュリティ製品です。安全安心な作業空間でICT業務を遂行できるだけでなく、第三者との情報交換時の情報セキュリティも担保します。

講師:株式会社クリエイターズ・ヘッド

セールスグループ GM  栗原 猛

10:50 休憩

11:00 講演A

PCI審査範囲削減を実現する次世代型決済セキュリティのご紹介

対面・非対面決済のビジネスシーンで包括的な決済セキュリティー、およびカード保有者データ保護を提供するVoltage SecureData Paymentsソリューションと、その事例についてご紹介します。

講師:マイクロフォーカスエンタープライズ株式会社

MF DataSecurity  池川 史憲

11:30 講演B

Webアプリ脆弱性対策とPCI DSSセルフチェック

Webアプリケーション脆弱性検査ツールVexとContrast Security社のIAST製品を組み合わせることで、高速開発におけるセキュリティ検査の効率性をさらに向上させる日本国内では数少ないDevSecOpsソリューションのご紹介。

講師:株式会社ユービーセキュア

セキュリティソリューション事業本部 本部長 最首 壮一

12:00 昼休み

13:00 講演C

PCI DSS準拠診断、最近の実施傾向とその注意点

講師:三和コムテック株式会社

13:30 講演D

実行計画2018の理解とキヤノンの簡単パッケージによる非保持化の実現

実行計画2018では内回り方式の非保持の選択肢が増えました。外回り方式においても内回り方式においても、キヤノン端末のパッケージソリューションで比較的簡単に非保持化相当を実現できます。本公演では実行計画についての説明を交えながら、その方法をご説明させていただきます。

講師:キヤノンマーケティングジャパン株式会社

モバイルソリューション企画部 SDS企画課 菊池 健治

14:00 休憩

14:10 講演E

MOTO加盟店向けカード情報非保持化サービス「Pay TG」

改正割賦販売法が施行され、カード情報の保護対策と不正使用防止対策が義務づけられています。本講演ではMOTO加盟店向け非保持化ソリューションであるPayTGをご紹介。選べる2つの運用方法によるオペレーターの負荷軽減事例やデモを中心にご説明します。

講師:株式会社リンク

セキュリティプラットフォーム事業部 事業部長  滝村 享嗣

14:40 講演F

MO/TO加盟店の非保持化ソリューション・電話放送局のIVRご紹介

40年の歴史をもつIVRの老舗であり、改正割賦販売法の施行云々の以前から顧客ニーズをくみ取り、カード情報をオペレーターにも聞かせたくないニーズから本ソリューションを継続展開しての実績から解説します。

講師:株式会社電話放送局

営業部 部長  市橋 久仁

15:10 休憩

15:20 講演G

ボルトレス トークナイゼーションシステムのご紹介

PAN情報をトークンデータへ変換(トークナイズ)することによる”非保持化”実現にて、PCI DSS審査スコープ極小化を実現するソリューション及び、事例をご紹介いたします。

講師:キヤノンITソリューションズ株式会社

ITインフラセキュリティ事業部 担当部長  西原 正和

15:40 講演H

クレジットカード情報有無の検知とBCP対策が可能な新ソリューション

「非保持達成」を申告する際に必要なクレジットカード情報の有無を調査・検証ができるツール「ARGOS DFAS」および複数台のPCやファイルサーバーも一括で調査が可能、且つBCP対策も兼ねた新ソリューション「機密情報検知・保管セット」を紹介します。

講師:株式会社アンペール

戦略室  新井 裕介

16:10 講演I

P2PE対応ソリューション PAYGATEで非保持非通過対策支援

PAYGATEは、オリジナルの決済端末、 アプリケーションそして決済センターまでをワンストップで提供しております。PCI DSSのスコープ範囲が広いことと、 P2PE認定取得中のため、非保持・ 非通過対応に最適のソリューションです。PAYGATEを活用すれば、 いまお抱えのお悩みをまとめて解決致します。

講師:株式会社ロイヤルゲート

代表取締役CEO 梅村 圭司

16:40 終了予定

  1. 外部のサイトへリンクします。
  • PマークとPCI DSS
  • ISMSとPCIDSS
  • 参考資料
  • 関連リンク